>  > 神戸でソープを楽しむなら福原しかない

神戸でソープを楽しむなら福原しかない

日本の近畿地方にある兵庫県神戸市は全国的にも観光地として非常に有名です。この神戸市は幕末のころ貿易港として栄え、異文化がまだ浸透していない日本にとってこの神戸が異文化の発祥の地になっていったのです。当時の神戸市は外国から商売をする人が多く、外国人専用の住居エリアが設けられるほど当時の日本は貿易に関して積極的に動いていたのです。貿易港として開港されたと同じに、町では歓楽街を設立する動きがあり、明治初頭に神戸市の福原にて遊郭が設立されました。福原遊郭の誕生です。遊郭は現在の風俗店と同じですが、サービスは現在では禁止されている売春行為をしていました。国が公認で売春行為を認めており、福原は日本でも三大遊郭の一つとして栄えていました。現在では、売春は犯罪行為とされており、遊郭のように遊ぶことは出来ませんが法的に許されているのはソープランドとうい業種に絞られています。経営するエリアも限られており、日本でも遊べる場所は少なくわざわざ遊びに来るお客も多いようです。福原の遊郭は明治末期に廃止され昭和初期には遊郭としての運営は違法となります。遊郭が無くなったとは赤線と呼ばれる売春が公認されたお店が点在するようにないました。これは神戸の福原のみならず、全国各地でこの動きはありました。違法な取引での売春は青線と呼ばれており、非合法での売春だった為摘発されることが多く、赤線と対極に存在する闇の風俗店でもありました。この赤線も昭和後期に廃止され、残ったのが現在のソープランドになります。ソープも結局は本番行為をするのですが、建前上は女性と一緒にお風呂に入ることを目的としており、本番行為はお互いの恋愛上での行為とし、違法にはならないようです。神戸の福原では福原遊郭のあった名残で、エリアは限定されておりますが柳筋に密集してお店を運営されています。その数50店舗以上とのことです。これはソープ店だけの数ではなく、ヘルス店やピンサロ店などの店舗型風俗店の数ですが半数はソープ店ではないかと言われています。これだけ多くのソープ店が密集しているのも珍しく、ソープ街として全国的に有名な東京の吉原と同じ規模と考えても何ら遜色は無いほどでしょう。神戸のソープは福原、福原のソープは柳筋と言われるほど地元の方からしたらポピュラーなのです。神戸は福原以外でも風俗が盛んなエリアがあり、特に有名なのが三宮になります。三宮は福原とは違い、ソープではなくヘルス店やデリヘル店が非常に栄えており、三宮はヘルス店のメッカと言われる程でもあります。

[ 2014-01-01 ]

カテゴリ: ソープ体験談

神戸福原の高級ソープランドF-1club(エフワンクラブ)